メインコンテンツへ


TOP > 料理レシピ > ご飯の炊き方

料理レシピ

美味しいご飯の炊き方 - いつもなにげなく炊いているご飯。ちょっとしたコツで、ふっくら、モチモチ。もっと美味しいご飯に。

【 材料 (2人分) 】 米 2合 水 米の量の1.2倍

作り方

  1. お米をそのまま炊くと、ぬか臭いご飯になってしまうので、まずはお米の表面についているぬかを洗い流す。たっぷりのお水を一気に注ぎ、ざっと1〜2回やさしくかき混ぜて、すぐに水を捨てる。
    ※ぬかの混ざった水が乾いたお米に染み込まないように、素早く行う。[図1]
  2. 水のない状態で、手のひらを押し付けるように、お米同士を軽くこすり合わせるようにして素早くとぐ。
    ※力をいれるとお米が割れてしまうので、やさしく洗う。
  3. 1と2を2〜3回繰り返す。
    ※洗いすぎると、旨味と栄養も一緒に落ちてしまうので、水がわずかに濁るくらいまでにする。また、お湯は使用しない。
  4. といだお米を水に浸ける。
    ※夏場は30分、冬場は1〜2時間が目安。
  5. ザルで水を切ってから炊飯器に米と水を計って入れる。
    ※ご飯の固さの好みにあわせて、水加減を調整する。
    ※ミネラルウォーターを使用する場合は、軟水を選ぶ。
  6. 炊きあがったら、炊飯器の蓋をいきなり開けずに10〜15分蒸らす。[図2]
    ※炊飯器に蒸らし機能がついている場合は、すぐに開けても良い。
  7. お釜の底から大きく掘り起こすように、ざっくりと混ぜあわせ、全体をほぐすようにする。
    余計な水分が逃げて、ふっくらとおいしくなる。
    ※ご飯粒をつぶさないように注意する。
  8. お茶碗によそう。一度によそわずに数回に分けて、ふんわりとよそう。[図3]
  • ご飯炊き方写真1
    [図1]
  • ご飯炊き方写真2
    [図2]
  • ご飯炊き方写真2
    [図3]

炊く時のひと工夫でもっとおいしい!

藤ご飯

黒豆エキスが藤色できれい
藤ご飯

ご飯をたくとき、水(米の量の1.2倍)を、黒豆エキスに替えて作ってみましょう。藤色のキレイなご飯ができます。 黒豆とご飯は、互いの不足しているアミノ酸を補う組み合わせですから、栄養バランスもグッド。



おにぎり昆布

混ぜ込みだけで炊き込みご飯

ご飯をたくとき、米2合につき、おにぎり昆布30gを加えてそのまま炊くだけで、深い色合いの炊き込みご飯ができます。味がしっかりついているのでそのままおにぎりにしてお弁当にもオススメ!