メインコンテンツへ


TOP > 黒豆の話 > 黒豆の日本史

黒豆の話

黒豆の日本史

縄文時代の食生活の豊かさが見えてくる

豆のルーツは中国や極東地域で、5,000年前には中国では大豆食品があったそうです。
日本には1,000年以上前に中国から伝来したといわれていましたが、縄文後期の約3,600年前には豆が作られていたことがわかりました。長崎県の大野原遺跡や熊本県の上南部遺跡から出土した土器片から大豆や小豆の痕跡が発見されています。
ところが、山梨県北杜市の酒呑場遺跡で出土した縄文中期の土器から大豆の圧痕が発見され、九州の発見より1,500年ほどさか登ることになり、すでに5,000年前には日本でも大豆が栽培されていたことがわかりました。酒呑場遺跡は、八ヶ岳南ろくにある巨大環状集落で、本州中部の縄文文化の中心だったと考えられています。
エゴマやシソの炭化した種子も見つかっており、研究グループの山梨県立博物館の中山学芸課長は「大豆は主食となりうる」と語っています。狩猟採集社会イメージの縄文が大豆やヒエ、キビなどの植物栽培で食生活の豊かさが見えてきます。