メインコンテンツへ


こだわり・取り組み

工場・設備 常に品質向上を目指して

お客様に満足いただける商品をお届けするために、原料の加工から商品化まで品質管理を徹底し、「安心・安全・おいしい」を目指しております。

埼玉工場

埼玉工場外観埼玉工場は設立より25年が経過、主に煮豆製品などを製造しております。
社員、パート一同は、つねに問題意識を持ち自己管理徹底のため、各セクション毎に基本事項など完全マニュアル化を推進、工場内の設備、衛生管理、環境整備などを徹底しております。

「安心、安全」な商品を製造するために

手洗い所 毛取りローラー室 エアシャワー
工場長よりひとこと

当工場では、衛生管理の徹底を心がけています。作業現場に入るまでのチェックはもちろん、従業員の教育や定例ミーティングの実施などを行い、常に品質向上を目指しています。

従業員の写真

函館工場

函館工場外観函館工場は主に昆布、魚介佃煮といった地場、北海道産原料の商品を生産、製造に使用する水は、横津岳連邦の豊富な伏流水を使用、安全でおいしい商品づくりに取組んでおります。
また「環境にやさしい工場」を目指し、工場が隣接する日本の道100に選ばれる「あかまつ街道」の環境にも配慮、ボイラーや構内を走るリフトにはプロパンガスを使用、二酸化炭素排出量削減へ取り組んでいます。

埼玉、函館両工場では、工場の敷地内で100m以上深く掘り、地下からくみ上げた水を製造に使用しています。
さらに地球環境保護に配慮し、ボイラー燃料を業界に先駆けて、重油からプロパンガス・都市ガスへの切り替え等、CO2削減に取り組み、国内クレジット制度の排出削減事業の承認を得ています。

物流部門

365日稼働の商品センターは、社内の営業部門・生産部門と連携、また外部の物流パートナー会社と協働し、商品の調達から配送を行う部門です。

生産された食品をより良い状態で安全確実にお客様にお届けするため、発注・保管・出荷・配送の業務品質を高めるよう、日々オペレーションの改善に取り組んでいます。